スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
けせらせら
昨日、ヨーロッパ企画の永野さんが作演出出演の舞台「ケセラセラ日和」を観に行って来ました。



きっとるかわさん始め色んな人がもう既に感想を書いてると思うので、こちらは出遅れなのもあるのでアホのような感想を。
いつも通りです。





永野脚本がどんな感じなのか、というのが気になってたんですが、基本的にはヨーロッパなスタンスでした。
でも所々に上田脚本にはないダーク(?)な感じがあったです。

そして時々シュール。


更にはツッコミ所も中々満載でした。



でも特筆すべきは、ヨーロッパのメンバーが夫婦2役を1人でて事です。
夫婦だから1役は妻、女装です。

永野さんちょー似合ってた。
最初出て来た時に、可愛い!と思ったですが、その後、ムカつく性格してる役だったので、後半でちょっとひどい目遭ってるのにぷぷぷと。


そして諏訪さんと酒井さんは夫婦だけでねくて高校生の息子もプラスなのです。1人3役。




諏訪さんがなんともすごかったです。
そのままで3役。

最後、ジャージ姿で出てくるんですけど、一瞬その姿が妻なのか息子なのかわかんなかったです(笑

観終わった後、るかわさんに聞いてみたですけど、やっぱ同じように思ったそうなので、きっとこれは狙ってやってるんだ、て事に落ち着きました。



石田さんはすげーしゅっとしてました。
そしてなんだか居そう…な(笑

あと写メ撮る時のシャッター音がかなりポイント高いです。
にゃーんて。



この団地にはツッコミ、というか常識的な人がいないのがとんでもない所です。



一段落した所で、警察を呼ぶべき事に気付いた彼女達(笑)

観客はきっと生臭いってなった時から警察沙汰では…と思ってたですよ。
まあ前の段階に別件で警察は呼ばれてたですが。





上演後の短いフリートークもなんだか面白かったです。

そいえばヨーロッパん時ダブルコールなかったなぁ、て思ったり。



面白かったです。
楽しかったです。






次はボス・イン・ザ・スカイだそうです。
楽しみです。

会場が同志社の近くみたいでそれもなんだかテンション上がります。
分かる人だけにやりとして下さい。
全然いないと思うけど…て自分で書いてちょっと淋しくなったり。
まあ、2人くらい分かってくれたらいいです。



スポンサーサイト
【2009/03/30 01:53】 STAGE | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。