スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
眠くなかったから
昨日の夜、随分前に買って、ドラマになった時には上巻が家庭内行方不明で読めないままドラマも終わって、でもやっと最近発見されたので、本棚にひっそり置いてたバチスタ読みました。



チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る



結局テンション上がったので、明け方まで掛かって上下読了しました。




やっぱり楽しかったです。


ただ、ドラマだけは観てたので、所々にキャラの違和感は感じたですが。

特に白鳥。
イメージがゴ(以下略)て…人としてナシの方向です。


でもドラマ版も映画版(観てないけど)もナイスキャスティングです。
イメージがゴ(くどいけど伏せる)とか原作に書かれてる外見は、スーツってトコだけ採用して、ロジカル・モンスターを前面に押し出すだけで、阿部寛仲村トオルの白鳥が全然不思議じゃないってのがすごいです。




そんなワケで、原作からのイメージと、ドラマのイメージと都合良く混ぜながら読んでたです。



楽しい。






田口がドラマからのイメージ以上にタフだったのが中々面白かったです。

まあ、大学病院に長く居るって時点で既にタフさ加減は実証済みなんですけど。




主人公至上主義なので、ドラマ版と随分違ってたのがなんだか妙に嬉しかったり。
いえ、ドラマ版のも嫌いじゃないですよ。
やっぱそれなりに上手く立ち回ってくれてる方が嬉しい度合いが違うのです。

アガピのあたりはドラマのが好きだし。
まあ田口がもう少し英語上手くても良いんじゃないの?とは思ったですが(笑




あと桐生先生の「OK GO」が渋くて格好良いです。
たとえ、ドラマで観てて、その後の心臓が再鼓動しないって分かってるオペであったとしても。




またいつか桐生先生出て来ないかしら…

アルコール処方話とかね!(笑












これからナイチンゲール読みます。

でも今日は既に眠いし、明日予定があるのでもう暫くしたら就寝ですけど。





スポンサーサイト
【2009/05/09 01:10】 本・小説 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<筋肉痛です | ホーム | またはがいたいよ>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://tokoharucloset.blog24.fc2.com/tb.php/761-3cb9263a
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。